人事労務管理文書の文例書式集(雛形・様式・文例・書式・テンプレート・フォーマット )入社・採用・辞令・退職
TOP
プライバシーポリシー
人事労務管理文書の書き方・人事労務管理文書の文例・人事労務管理文書の雛形・労働契約・社内届出



<「 労働契約書(5)パートタイマー 」の文例・書式・雛形>
労働契約書


 雇用主 株式会社 甲野 (以下、「甲」という。)と 短時間労働者(パートタイマー)乙川次郎 (以下、「乙」という。)とは、次の通り労働契約を締結する。
 

第1条  甲は、次の労働条件により乙を短時間労働者(パートタイマー)として雇用する一方、乙は、甲のパートタイマー就業規則その他の諸規則を遵守し、誠実に勤務することを約する。
@ 雇用期間
平成〇〇年〇〇月〇〇日〜平成〇〇年〇〇月〇〇日まで
A 就業場所
〇〇〇〇
B 業務内容
〇〇〇〇


第2条  乙の就業時間は、次の通りとする。
@ 始業時刻
午前〇〇時
A 終業時刻
午後〇〇時
B 休  憩
午後〇〇時から午後〇〇時まで


第3条  乙の休日は毎週〇曜日とし、甲の業務上必要があれば休日の振替ができるものとする。

第4条  乙の賃金は、実働1時間につき金〇〇〇円とする。
2  前項の賃金は、前月〇〇日より当月〇〇日までを1か月分として計算し、毎月〇〇日に乙名義の銀行口座に振り込み支払う。

第5条  将来乙が甲の正規従業員として採用された場合でも、本契約に基づく雇用期間は、勤続年数に通算しない。

第6条  甲乙のいずれか一方が本契約に違反したときは、相手方は、直ちに本契約を解約することができる。

第7条  乙の就業に関しては、本契約に定めるもののほか、甲のパートタイマー就業規則の定めるところによる。

第8条  本契約に定めのない事項が生じたとき、又はこの契約条件の各条項の解釈につき疑義が生じたときは、甲乙誠意をもって協議の上解決するものとする。

以上、本契約成立の証として、本書を二通作成し、甲乙は記名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。

平成〇〇年〇〇月〇〇日

 雇用主
(甲) 住 所
○○県○○市○○○○
会社名
株式会社 甲野
代表者
代表取締役 甲野太郎
短時間労働者(パートタイマー) (乙) 住 所
○○県○○市○○○○
氏 名
乙川次郎



  労働契約書(5)パートタイマー 」の書き方

このページは、「 労働契約書(5)パートタイマー 」の書き方を提供しています。

人事労務管理文書の例文一覧はこちらへ     人事労務管理文書一覧


 「人事労務管理文書の文例書式集」は、社員の募集・採用から、採用後の配置・異動・教育・人事考課・昇進・退職に至るまでに必要な文書の文例・書式・雛形・様式・文例・書式・テンプレート・フォーマットをご提供いたします。

◆労務管理のポイント
 労務管理は、 働き方の多様化や法律改正などにより、年々複雑になってきています。
 特に、「労働条件の明示」、「賃金支払」、「就業条件・労働条件・服務規定・就業規則」、「労働時間管理」、「割増賃金」、「年次有給休暇」、「解雇・退職」については、経営者や人事担当者の方々が労務管理を実施する上で特に理解しておく必要があります。

◆解雇・退職に関するポイント
「退職」と「解雇」の違い
 退職も解雇も労働者が会社を辞めることですが、その違いを理解しておきましょう。
解雇 ・・・ 使用者側からする一方的な労働関係の終了
(1)勤務成績不良等を理由とする「普通解雇」
(2)労働者の職場規律違反・非行等を理由とする「懲戒解雇」
(3)事業縮小等に伴う「整理解雇」
退職 ・・・ 解雇以外の労働関係の終了
(1)退職(労働者からの労働契約の一方的解除)
 (2)契約期間の満了(期限の到来)による退職
 (3)定年退職(終期の到来)
(4) 本人の死亡による退職




サイト内に記載されている情報の無断転載を禁止します。 http://roumu.kokuranet.com